1. ボルタレンで引かない歯の痛みは歯科医院へ直行
  2. オールオン4は歯が全て無い人のための救世主
  3. 抜歯で空いた歯はインプラント治療でカバー
  4. 歯医者いらずの歯磨きの仕方を学ぼう
  5. ホームホワイトニングって知ってる?
  6. 矯正歯科で歯並びを整える方法とは?
閉じる
笑顔がきれいな女性

矯正歯科で歯並びを整える方法とは?

歯並び矯正 歯並びにコンプレックスを持っている方にとって、コンプレックスのために写真を撮る際にも歯を見せて笑うことが出来なかったり、人前で口を大きく開けて話すことが苦手になってしまったりと悩んでいる方も少なくありません。
しかし、矯正歯科で歯並びを正すことによってこれまで悩んでいたコンプレックスを克服することが出来るかもしれません。

矯正歯科では、歯並びを直すことで、自分に自信を持つことが出来るようになるかもしれない上に、歯並びが悪いことによって起こる虫歯などの歯のトラブルのリスクを少なくすることが出来ます。
長い人生を健康に過ごすためには、歯を大切にすることが重要です。
健康寿命を少しでも長くするためにも矯正歯科は大切になってきます。

これまで矯正歯科というと、ワイヤーを利用した矯正をイメージする方が多いものですが、最近では矯正歯科にも色々な種類があります。
歯科の主治医の先生と共に自分の歯の状態に合った矯正の方法を選んで行くようにしましょう。
ワイヤーを用いた方法は一般的ではありますが、見た目にすぐに矯正していることが他人から見て分かってしまいますので、子供や、接客業の方の間には避けたいと考える方もいらっしゃいます。
そこで、見た目にワイヤーのように矯正をしていることが分からないようにしたい場合はマウスピース矯正という方法もあります。
マウスピース矯正は透明のマウスピースのような器具を用いて矯正を行っていきますが、ワイヤーのように目立ちにくく、矯正をしていることが分かりにくいので、メリットとしては見た目が気になる方にはおすすめの方法になります。

歯の裏側にブラケットを装着するブラケット矯正も目立たないのでおすすめです。
ブラケット矯正は透明のタイプも開発されていますので、表側の装着でも見た目に分かりにくいというメリットがあります。
どうしても気になる部分だけを直したいという方は部分矯正という方法もありますし、忙しい社会人にとってはメリットでもある短期間で歯科矯正が終了するセラミック矯正という方法もあります。
自分の歯の状態によって、複数の歯科矯正の方法を組み合わせるハイブリッド矯正という方法も場合によっては有効です。
歯科矯正の方法はメリットとデメリットが併存していますので、自分の歯の状態や、かかる予算などを自分の担当医の先生と相談しながら歯科矯正でどの方法を選択するのがもっとも良いのか決めるようにしましょう。

関連記事
ページ上部へ戻る