1. ボルタレンで引かない歯の痛みは歯科医院へ直行
  2. オールオン4は歯が全て無い人のための救世主
  3. 抜歯で空いた歯はインプラント治療でカバー
  4. 歯医者いらずの歯磨きの仕方を学ぼう
  5. ホームホワイトニングって知ってる?
  6. 矯正歯科で歯並びを整える方法とは?
閉じる
笑顔がきれいな女性

歯医者いらずの歯磨きの仕方を学ぼう

歯磨き 「何分くらい磨いたらいいですか」と、歯医者さんに尋ねる人が多いのですが、2分でもきれいに磨けていたらOKですし、10分かけて磨いても磨き残しがたくさんあって奇麗に磨けていなければNGです。
要は、時間ではなくて質が大切です。
きちんと磨けていれば、口の中の細菌の数は激減するので虫歯が予防できて歯医者いらずとなります。
主な歯磨きの方法には、バス法とスクラッビング法の2つがあります。

バス法は、歯と歯茎の間に歯ブラシの毛先を当てて、細かく振動させます。
このとき、歯ブラシは45度の角度で当ててください。
そして、横にゴシゴシこするのではなく、細かく手を震わせる感じで細かく動かすことが大切です。

スクラッビング法は、歯ブラシの毛先を歯の表面に当てて、細かく振動させます。
頬の側は90度垂直に当てて、舌に近い側は45度の角度に当ててください。
スクラッビング法もゴシゴシこするのではなく、細かな振動でプラークを落とします。

多くの人はゴシゴシと磨く感じで大きく歯ブラシを動かして、力任せに磨いています。
これでは、プラークを左右に移動させているだけになってしまって磨き残しができます。
歯ブラシを動かすのではなく、手が震えている人のような感じで、震わせることを意識してブラッシングしてください。

歯磨き粉が嫌いだというのであれば、使わなくてもかまいません。
口内炎ができている時などは刺激になることもあるので、歯磨き粉は少しの量でOKです。
歯ブラシの端から端まで歯磨き粉を使う必要はありません。
1センチもあれば十分です。
あまりたくさんの歯磨き粉を使うと、清涼感で磨けた気分になってしまったり、口の中が歯磨き粉の泡でいっぱいになると、まだ磨けていないのに磨けた気分になってしまうというデメリットもあります。
歯磨き粉は上手に活用しましょう。

歯並びが良くない人や歯ブラシが届きにくい所、磨きにくい所もあるでしょう。
そのような場所には糸ようじやデンタルフロスを使うと、汚れやプラークが除去できます。

しかし、90点や100点をあげられるような完璧な歯磨きは非常に難しいです。
歯医者さんでも100点満点の歯磨きをするのはかなり大変です。
そこで、定期的に歯医者さんで歯のクリーニングや検診をしてもらうことをお勧めします。
磨き方の癖やどこに磨き残しがあるか等が判ります。
デンタルフロスの使い方なども教えてもらえます。

毎年自分の誕生日月に歯医者さんで検診を受けるなど、タイミング良く歯医者さんに行くと良いでしょう。
また、一度治療を受けたことのある歯医者さんからは、タイミングを見計らって検診のハガキが届いたり電話がかかってくることが多いです。
この機会を逃さないように、予約を取りましょう。

関連記事
ページ上部へ戻る