1. ボルタレンで引かない歯の痛みは歯科医院へ直行
  2. オールオン4は歯が全て無い人のための救世主
  3. 抜歯で空いた歯はインプラント治療でカバー
  4. 歯医者いらずの歯磨きの仕方を学ぼう
  5. ホームホワイトニングって知ってる?
  6. 矯正歯科で歯並びを整える方法とは?
閉じる
笑顔がきれいな女性

ボルタレンで引かない歯の痛みは歯科医院へ直行

ボルタレンは歯科医院などでも処方される解熱鎮痛炎症剤です。
成分としてジクロフェナクナトリウムが含まれており、作用としては腫れや痛みをやわらげ熱を下げるといったものです。
処方せん薬ですので歯科医院や病院でしか購入することができません。
ボルタレンが歯科医院で出されるケースとして、一時的な歯痛や抜歯したあとや外科的な処置を行った場合の痛みを抑えるためです。

働きとしては炎症を静めることで腫れや発赤、痛みなどの症状を抑え、さらに熱を下げます。
ボルタレンの効果はあくまでもその症状を緩和する対症療法ですから、熱や痛みの原因そのものは治すことができません。
これはボルタレンの薬理が、炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジン(PG)という物質の生合成を行うシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害するといった作用であるためです。
ボルタレンは非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)と呼ばれ歯痛のほかにも熱や喉の痛みをともなう風邪にも使われます。

副作用として多いのは胃腸症状で重症化することは稀なものの胃潰瘍や消化性潰瘍を起こす場合があります。
あくまでも一時的な服用で留まるのが一般的ですが、長期服用しなければならない場合や高齢者の場合には注意が必要です。
また腎臓や肝臓の機能低下、血液の異常が現れることもあります。
効果が高い薬ですがより長期的に痛みを止める必要がある場合にはボルタレン以外の痛み止めが処方されます。
特に歯科医院での痛み止めは一時的な効果を期待するのがほとんどですから、現在でも広くボルタレンが処方されています。

ただしボルタレンを使っても痛みが引かないケースがあり、そのような場合には神経に圧力が掛かったり、傷ついたりすることによって起こっています。
ボルタレンはあくまでも腫れや痛みをやわらげるといったものであり、口腔内でより深刻な状況になっていると痛み止めとしての効果を十分に発揮できません。
そのケースが膿が歯茎や骨の内部に溜まるケースです。
このような場合には切開して膿を排出する必要があるため、歯科医院で処置してもらいましょう。

また噛み合わせが悪くて痛みを感じる場合や虫歯が急に痛みだした場合なども神経が圧迫されることで痛みを感じているためボルタレンでは十分な痛み止めの効果を得ることができません。
ただ炎症や腫れを鎮める作用はあるため一時的に症状を緩和することができますが、再び痛みがぶり返すことも多く歯科医院で適切な治療を受ける必要があります。

関連記事
ページ上部へ戻る